書道のくすのき 素の日記

川西市で書道教室やっています(お待ちしています)

アートは単純な方が、おもしろい

アートは単純な方が、おもしろい。

 

宝塚現代美術てんてんを観てきました。宝塚文化創造館で、荒木田義人氏のラップと風船のアートがお目当て。風船にラップを巻いて、その風船が割れた後のラップが、アートになる。言葉にすると意味不明。でもアートなんて、直感で自分に合うのか合わないのか、それだけかなと思うのです。私としては、このラップと風船のアート、なかなかおもしろいです。

 

私が着いてからしばらくすると、「パフォーマンスやります!!」と、氏のパフォーマンスが始まりました。このパフォーマンスがまたおもしろい。「風船、割ります!」と叫んで、ラップにカッターを刺す。すると、中の風船だけが割れるのです。近くのみなさんが続々と指名されて、「風船割ります!」と言って、割っていかれました。豪快に刺す方、やさしく刺す方、それぞれです。そして、私にも順番が回ってきました!「風船、割ります!」と絶叫した後、ラップにカッターを刺そうとしたら。足元にあった、粘土細工に足を滑らせて、空振り笑 笑いは取れました。あらためて、落ち着いて、豪快にカッターを刺しこみました。拍手をもらい、自己満足。

 

「いや、これ割ってしまっていいんですか?」って、あとで聞いたのですが、「割ることで初めて作品に仕上がるんです!」と言われました。なるほど・・・。「こんな単純なアートですが・・・」と氏がおっしゃるので、「いや、やっぱりアートは単純なほうが、いいですよ。とってもわかりやすい」と私。我ながらいいこと言う。そう。アートは単純なほうがいい。書も究極は単純なほうがすばらしい。良寛さんの書も究極そぎおとされて、単純化されています。それでも『いいな』と思うから、やはり単純な方が、いいんじゃないのかなと思います。観て、なんかしらんけど、へえ、これでいいんじゃないかな。

 

書の場合、単純がいいからといって、単純なものばかり書いていても深みが出ません。日々、古典を臨書をして、線を磨き自分を磨き、その積み重ねがあってはじめて、単純にかくことが出来るのでしょう。落書きでは意味がないですからね。そんなことを考えて、私も家で墨を磨って、臨書に励んだのでありました。

 

心の中にある何かを吐き出すには、自分を磨いて、出すときは単純に。書も、そんな向き合い方できたらいいなと思います。