書道のくすのき 素の日記

川西市で書道教室やっています(お待ちしています)

会社員と書の二刀流も捨てたもんじゃないね

アアルトコーヒーの庄野さんの本「誰もいない場所を探している」を読みました。徳島のコーヒーマイスター。会社員をやめて、コーヒーの焙煎を生業とした、その気持ちや考えていることを書いたエッセイでした。1回読んで、もう1回読み直すと、『あー、こういう生き方、考え方もいいかな。』って思えるようになりました。最初は少ししんどいなと思ったのですが、味わってみると共感できる、という感じ。夢は必ず叶う!というイケイケの経営者でもなく、好きなことして生きればそれでいいじゃんでもなく、その中道をいっているような。人間としてやるべきことはやる。コーヒーの品質に見あった利益はあげて、ちゃんと家族と生活をする、そうやって生きていくんだ、という考えかと。松下幸之助がいうところの「素直」を実践しているような感じを受けました。

 

私は会社をやめずに、筆一本で生きていく覚悟を決めれない自分を、『オレは勇気がないな』『男なら挑戦すべきじゃないか』と、責めてしまうことが多く、恥ずかしくなることもあります。しかし、この本の『会社員のすすめ』という稿では、一度は正社員をやってみると、いろんなことが学べるし、有給休暇も使えばいいと、いざ自営をしたくなったとき、それが活きる、というようなことがかかれていました。なるほど。私は前職では貿易だったので、図らずも海外のいろんな国々を見ることが出来ました。現職では、総務経理をやっているので、お金の動きや税金、社会保障のことなども学ぶことができました。あ、これってめっちゃラッキーなことだったって、気づかされました。だって、書道だけやっていたら、お金のことや世界のこと、知ることなかったでしょうから。もちろん、木のことが好きになったのも、木材業界で一生の仲間たちが出来たのも、会社のお陰ともいえるわけで。これでよかったのかもしれないなー。

 

私は自分の書道で、生活の心配をすることないからこそ、やれていることもあるよな~、それって会社員やっているからこそ、攻めていけるところもあるって。安定しているから、お金の心配せずに、書道教室に来てくれる方へのおもてなしだけを考えて出来るのって、すごくいいんじゃない?って、少し前向きになれそうな気がしました。

 

時が来るまで、会社員と書の二刀流でいきます!