書道のくすのき 素の日記

川西市で書道教室やっています(お待ちしています)

我が家の木のダイニングテーブルを磨いてみた

土曜日は初めて教室が午後でした。(例外です)いつもとは違う、はじまりの杜でした。窓を開け放つと、風が入ってきます。青空と雲のコントラストが本当にきれいでした。選挙カーの合間に鳴る、風鈴の音が心地いい。私が木の空間が好きで、はじまりの杜を使わせてもらっています。

 

先日オーナーさんに「はじまりの杜、なんかここをこうした方がいいとかあります?」と聞かれました。いや、思い浮かばない。殺風景な公民館ではやりたくなくて、こだわった場所探し。木に囲まれた空間が、近所にあり、さらに幸いにも、嫌がられることなく貸していただくことができて、本当にラッキーだったよなと思うのです。終わったあと、一人で片付けをしながら、のんびりする時間が実はとっても気持ちいい。書道ついでに、ぜひこの木の空間を体験してほしい、出来れば、ごろんと寝転んでほしい!って、教室では誰もしませんけど笑 ちなみに、さっき私は寝転んで、ストレッチしていました。一人でいる特権ですね。

 

うちのダイニングテーブルは、くるみの木の無垢材です。定期的にメンテナンスをしないといけないのです。日曜日は最高の晴天だったので、天板を磨いて、オイルを塗ることにしました。まずはこれまで残っている油分を、紙やすりで取り除きます。電動のサンダー使ったら楽かな?と思って、コーナンで借りてきたのですが、手でやる方がやり易かった!数日前から痛い首と肩に負担をかけながら、「いてっ」とか言いつつ、サンドペーパーをかけて、汚れを落としました。あー、しんど。

 

木材業界の友人から薦めてもらったオイル、「オスモ」を塗っていきます。植物由来の自然素材、木の呼吸を妨げないのが素晴らしい。木は生きていますから。体に優しいだけではなく、仕上がりもいい優れもの。刷毛を買い忘れたので、要らなくなった古いタオルにオイルを染み込ませて、刷り込んでいきます。木目がきれいに見えてきて、ちょっとテンション上がります。1回目塗ってて、乾かし、ふき取り、2回目塗り込みます。30分後くらいに、ふき取り、あとは約1日使わずに待ちます。そして最後にふき取って完成。ダイニングテーブルが生き返ったのは、本当にうれしい。ま、手間でしんどかったけど笑

 

夜、ショッピングに行っていた家族を、車で迎えに行きました。娘に「うわ、湿布張ったまま来たの!?」と声をあげられ・・・思春期の娘には、ありえない親父の行動笑 首、肩が痛くて、朝湿布を貼ったのをはがすの忘れてた~。

 

kusushodo.hatenablog.com