書道のくすのき 素の日記

川西市で書道教室やっています(お待ちしています)

書道道具用の棚を、DIYで作ってみた

子どもの頃から、工作は苦手でした。昨年、私の入っている木材の会で、クリスマスツリーのポット(木製)で組み立てるという、イベントをやりました。その準備で気持ちよく木をカットして、かなりの枚数を用意したのです。

 

が、イベントの数日前に来たLINEに、衝撃を受けました。「箱が組み立てられない」どうやら、私のカットした木材のサイズが、いいかげんだったのが原因…それからというもの、木工工作の役目を私が担当することはなくなりました笑

 

私には書道用品の収納の悩みがありました。書道道具を入れる棚がほしい。でも、部屋にぴったりのサイズのものがない…じゃあ、自分で作ってみるか!昨年のトラウマから抜け出すためにも、チャレンジをすることにしました。

 

2×4材2本に、ラブリコというキャップをはめて、柱にして、壁面に立て掛けます。その柱にガチャ柱を取り付け、棚板を渡すという構造。ラブリコを使うことで、壁面に穴を開けることなく、棚が作れるのです。

 

うちには電動工具がないので、キリとドライバーを使って力業でネジをもみこんでいきます。木材業界の仲間からは、電動でやらんと大変やで、と言われていたのですが、私がこれからもdiyをする可能性は低いと思ったので、電動を買うのがもったいなくてやめました。

 

やはり人力では、ネジを揉むのは大変でした。交代交代、家族総出で、なんとか柱にガチャ柱を取り付けることが出来たのです。(やはり電動ドリルはあった方がいいです)

 

あとは壁面に立て掛け、金具に棚板を置き、完成。この充実感。最高でした。ずっと置き場に困っていた、墨磨り機、長い紙、筆、硯たちが、ちゃんとぴったり棚に収まったのです。いやぁ、ホントにうれしい。

 

DIY初挑戦、最高に不器用な私でも、簡単に出来ました。ラブリコに2×4材とガチャ柱、最高のコンビネーションです。ちなみに、かかった費用は16,000円ほど。棚板も300㎜×910㎜と大きめのを買ったのが少し値段をあげたと思われます。棚板を工夫すれば、もっと安価に仕上がったと思います。

 

書道用品の収納に困っているという方がいれば、ぜひ一度DIYで棚作りをしてみては?部屋のスペースにぴったりのサイズで、無駄なく作れていいですよー。おすすめです。