書道のくすのき 素の日記

川西市で書道教室やっています(お待ちしています)

やりたいように

川西市の「はじまりの杜」で、土曜日に書道教室をやっています。書道のくすのきです。

 

4年くらいやっていた少年野球のお手伝いをやめて、土日に時間が出来たのが平成29年。土日ずっと、こんなおっさんが家にいられると、妻も子供もめんどくさいだろうと思って(事実そんな話も出たような記憶もある)、なんか始めようかな~と思ったのがきっかけです。

 

社会人になって、なんか一人で出来る趣味がほしいと思って、はじめたのが書道。その頃はあまり思わなかったけど、基本一人でいるのが好きなんです。で、もくもくと続けてきて気が付けば20年以上。趣味+、くらいの感覚になってきたので、土曜日に書道教室をやったらどうかなと思ったのです。

 

どうせ書道教室をやるなら、『こんな教室だったらいいな』と自分が思えるのにしたいじゃないですか。

 

そのこだわりのひとつが、場所。公民館みたいな無機質なところではなく、気持ちのいい空間でやりたいな。そう思って「川西市 レンタルスペース」で検索をして、出てきたのが「はじまりの杜」でした。

 

自然素材にこだわってつくった木の家だったんです。僕は木が好きだし、木材業界の若手(といってももう40超えなんだけど)の会にも入っているので、木のよさ、あたたかさ、気持ちよさを知っています。これは「はじまりの杜」しかないなと、思いが高まり、思い切ってはじまりの杜にメールをしました。

 

『墨をこぼしたり、汚したりという可能性もあるので、お断りされるかなあ~。もしダメだったら、書道教室も先延ばしにしようかなあ』って思っていたところ・・・

 

「文化的な活動って豊かでいいですね、使っていいですよ~」という答をいただきびっくり(坂井さん、本当にありがとうございます)

 

そんな流れで、平成29年春に、書道教室を始めました。

 

どんどん続きを書きたいのですが、そろそろ疲れてきたので、続きはまた次回に。

では。