くすのき書道教室ー兵庫県川西市ー

墨の香りx木の香り/ひとりひとりを丁寧に、少人数の書道教室

ペン字が上手くなる方法

f:id:y-kusunk:20170424134550j:plain


ペン字が苦手だと自分でおっしゃる方が教室でペン字を始められました。

お手本をお渡しして、書かれたものを見させてもらいました。

 

とても上手に書けています。

 

「本当に苦手ですか?とてもよく書けていますよ。」

と本音でお伝えをしました。

 

「見て書くなら書けるんですけど・・・。」

 

※※※

シンプルですが、一言でいうと

 

よく見てよく真似て書く、それを繰り返す。

 

これがペン字の上達法で一番大切なことかと思います。

 

バッティングでもやみくもに素振りをするよりも、youtubeで好きな選手のスロー再生を見て、真似て、素振りをするほうが効果的なのと同じです。

 

繰り返し、繰り返し、何度も何度も稽古をしていくことで、真似が自分のものになっていきます。そうなれば・・・何も見なくても上手な字が書けるようになります。

f:id:y-kusunk:20171008225412j:plain

『ここをこうしたほうがもっとお手本に近いですよ』

と、ポイントをお伝えするのが書道教室に通うメリットです。

 

一人で書いていると真似る点を見逃して気付かないことがあります。そこをさっとフォローできるのが書道教室の役割。だから教室で習うと上達の速度が速くなりますね。

 

 

道教室に通うのはちょっと・・・という方には、ペン字練習法の本で一人でやるのも十分効果はあると思います。

 

ペン字の本もたくさん出ています。3つくらい気になる本をえらんで、そこのお手本の字をよく見比べてみてください。『3冊のうちどの本の字が一番好きか』と思って見比べてください。一番好きな字だと思う1冊を選ぶのがいいと思います。

 

ええ~そんなのどの字が好きかなんてわかんないよ~って言われるかもしれません。しかし意外とどれが好きかと思って見比べたら、なんとなくわかるものです。

f:id:y-kusunk:20170810113911j:plain

もしそれでも分からない!という方には、青山浩之先生のペン字本をおすすめします。なぜなら・・・私の好きな字だからという理由です。

 

 

見る!真似る!見る!真似る!

 

今年は字を上手になりたいなあ~と思われる方は、好きな字を見て、真似て、を繰り返してみてください!