くすのき書道教室ー兵庫県川西市ー

墨の香りx木の香り/ひとりひとりを丁寧に、少人数の書道教室

クリスマスツリー作りイベント向け木の看板を書いた

木の看板を書くおしごと。

実は初めての事なのでかなりドキドキしました…。

無事に出来上がったので、やり方を書いておこうと思います。

ちなみに去年のクリスマスの話、時期外れでスミマセン!

 

きれいな檜の板を2枚接いでもらいました。


f:id:y-kusunk:20171223184410j:image

 まずはサンドペーパー#240で丁寧に表面を磨きます。

 

との粉を水とだいたい1対1で混ぜて、刷毛でよくかき混ぜます。

 

木目に沿ってまんべんなく塗っていきます。木目を埋めていくようなイメージですね。


f:id:y-kusunk:20171223184330j:image

しばらく乾燥させたあと、まだ半乾き状態ですが


f:id:y-kusunk:20171223184524j:image

 軽く手拭いなどの布で拭き取ります。

拭き取ったら日陰でしばらく乾燥させます。

 

1時間くらい乾燥させるので、お昼ご飯を食べにいきました。

 

帰ってきてもう一度きれいな手拭いで残りのとの粉を拭き取りました。

 

これで準備完了。しっかりいよいよ書き始めます。

 

墨(油煙墨)はトロトロになるくらい濃く磨ります。薄いと滲んでしまうので濃く磨ったほうがいいそうです。木に書ける墨汁もあるのですが、こんなきれいな天然の檜には、やっぱり天然の墨を磨ったほうがいいと思いまして。

ミニサイズの板に試し書き。


f:id:y-kusunk:20171223184508j:image
うまく滲まずにかけてホッとしました。

 

さていよいよ本番、一発勝負。


f:id:y-kusunk:20171223184452j:image

出来ました。

欲を言えばきりがないです。一発勝負の怖さもありながら、一発で仕上げる面白さもありました。

 

f:id:y-kusunk:20171223185746j:image

 クリスマスツリー作りのイベントでこんな風に飾られました。

イベントも大盛況で予定数量すべて完売!よかったよかった。

 

(おねがい)

道教室とは関係ない話ですが。

 

みなさんに作っていただいたクリスマスツリーの飾りつけのコンテストを1月24日までフェイスブック上で開催中です。どなたでも投票できます。以下のページの最新記事をチェックしていただき、いいね!と思うツリーに、「いいね!」を押してください。御協力よろしくお願いします。。。

www.facebook.com