くすのき書道教室ー兵庫県川西市ー

墨の香りx木の香り/ひとりひとりを丁寧に、少人数の書道教室

書き初めを仮巻仕上げしました

もう12月ですね。書道教室は16日(土)が年内最後のお稽古です。

 

小学生の生徒さんは書き初め作品を書きあげました。最後の1枚で渾身の出来栄え、思わず拍手!

f:id:y-kusunk:20170810113911j:plain

さてこの書き初め作品を掛軸にしようと業者さんに相談しました。

 

書き初めは八つ切りの書道紙を使っています。半切の1/4サイズ。このサイズでも表装してもかかる手間は同じなので4、5千円と半切並みの費用がかかります。

 

お習字の展覧会でよくみられる仮巻だと、2千円くらい費用がかかるのに、仕上がりがいまいちなので、お受けしていないとのこと。

 

結論から言うと、「仮巻」を私が仕上げるということになりました。

f:id:y-kusunk:20171212135142j:plain

 

「私、不器用なんですけどできますかね?」って業者さんに聞いてみたら、「大丈夫、できます。」ときっぱり言い切られまして、やるしかない。

 

まずは作品のしわのばし。アイロン台に新聞紙をしいて、そのうえに手ぬぐいを置きます。そして作品を裏向けておき、霧吹きでたっぷり水をふくませます。

 

少し時間をおいてから、アイロンで中心から外へゆっくりとあてていきます。確かに紙の折りしわ、墨で収縮してしまったしわが綺麗に取れました。

 

そして作品がしっかり乾いたのち、仮巻に貼ります。

 

f:id:y-kusunk:20171212134522j:plain

(仮巻の画像は書遊ネットから引用しました)

 

仮巻に作品をべったり貼ってしまうと、巻き取るときに作品が引きつられてしまい、破れかねないです。それを防ぐために、作品上部に遊びを持たせる必要があります。

 

和紙を短冊状に切り取り、作品の四隅にのりづけします。(作品を上、和紙を下)和紙にのりづけをし、下をまず仮巻に止めます。そしてその後上の部分をのりづけします。

 

完成。

 

少し四隅にはった和紙が長かった気もしますが、仮巻を巻き取る際にも和紙がたわんでくれて、作品はしっかりと守られていました。

 

f:id:y-kusunk:20170512110541j:plain

年内最後のお稽古で生徒さんにお渡しします。ぜひお正月にはおうちで飾ってもらえたらいいなあと思います。

 

書き初めの練習をしたい!というご希望ありましたら、16日(土)体験にお越しください。お気軽にお問い合わせください。

 

最近は星にまつわる句や歌を書いています