くすのき書道教室ー兵庫県川西市ー

墨の香りx木の香り/ひとりひとりを丁寧に、少人数の書道教室

朱を入れるということ

雨が続いています。前回の教室も雨がしとしと降っていました。会場のはじまりの杜は少し葉っぱが色づいていました。


f:id:y-kusunk:20171016180550j:image

皆さんが子供の時に書道習っていたら、赤の墨液で修正をしてもらったことがあると思います。

 

でも、直されることがイヤなことってなかったですか?ちらほらとそういう声を聞いたことがありますし、わかるような気がします。

 

私は、特に小さいお子さんの場合、朱を入れることを極力しないようにしています。せっかく書いたモノを直されてつまらなくなってしまうのはもったいないなぁという思いから。

 

書いたものに朱をいれて添削をしない代わりに、口で説明をするのですが、ちゃんと理解をしてくれて直そうとしてくれます。(ありがたいことです!)

 
f:id:y-kusunk:20171020110558j:image

また、よく書けた作品は、赤丸や二重丸をいれることなく、きれいに折りたたんでクリアファイルに入れてもってかえってもらっています。できればおうちの方に見せてほしいし、少しの間でもいいのでおうちに飾ってもらえたらいいですよね。

 

もちろん花丸や赤丸がたくさんつけることでうれしく励みになるということはその通りだと思います。しかし他人(先生)から評価されることで自信をつけるっていうのはどうなんだろうって。

f:id:y-kusunk:20170518152829j:plain

私もそうですが人は日常生活は他人の評価の中で生きているといっても過言ではないでしょう。しかしそれに振り回されていると自分自身を見失ってしまうような気がします。本当は他人の評価なんて気にしなくていいはずなんだよなあ・・・。

 

だから、自分が丁寧に心を込めて書いたということ自体が、いい悪いの評価よりも大事なんだよって何とか伝えたい・・・。それはすごく難しいことなんですけどね。

 
f:id:y-kusunk:20171020110648j:image

ホメる、そしてうれしくなる、自信がつく。その構図は間違っていないとは思うのですが、自分を信じるという本当の意味での「自信」をつけるには、また違うアプローチってあるんじゃないかな。

 

「ここはすごくいいね!」と瞬間的に口をついて出てくることがあります。キラリと光る1本の線やバランス、やっぱりあるんですよね。そのキラリだけは見逃さないで本人に伝えたいなあ・・・。

 

そして、機嫌を取るために思ってもいないことは絶対に言わない。それは大人に対しても、子どもに対してであっても、書の道を歩む「仲間」に対する礼儀だと思っています!

 

空をみあげてきました!