くすのき書道教室ー兵庫県川西市ー

墨の香りx木の香り/ひとりひとりを丁寧に、少人数の書道教室

インスタントラーメンを作って食べるように字が上手になるのか?

f:id:y-kusunk:20170710102549j:plain

 カップヌードルを初めて食べた時「こんなにおいしいものがあるのか!」と感動したことを今も覚えています。普通の味、カレー、チリトマトがお気に入りなのですが、最近はこのトムヤムクンもお気に入りです。

 

カップヌードルのすごいところはお湯を注いで3分でラーメンが食べられる手軽さ。こんな手軽においしいラーメンが食べられるなんて本当に奇跡です。

 

さて字がうまくなるという話。

 

アマゾンで検索すると「1日で」「30日で」「たった10分で」「15分で」ってみるみる字が上手になるという本が売られています。最速は10分のようで、さすがにカップヌードル級の3分で上手くなるというのはないようですが。

 

10分や15分というのは、字が上手に見えるポイント(コツ)を知るのに10分や15分でという意味であって、字が上手になるために要する時間ではありません。そのコツを短期間でつかんでから日々練習をしていってようやく「上手な」と言われる字になっていくというのが本当の意味だと思います。

 

段階的に書くと

 

1)何が上手な字なのかを知ること

2)上手な字をよくみて真似て書く練習

3)その上手な字を自分のものにするまで書く

 

というステップを踏んでいくわけです。

 

インスタントラーメンのような手軽さで字は上手にならないよ!

 

字がうまくなるために10分や15分なんてスピード求めてどうするの!じっくり山あり谷ありやっていくから物事はしみじみ面白いんじゃないの!?

 

そんなインスタントを求める現代に「喝」を入れたいと思います。

 

でも人間はインスタントラーメンを作って食べるように即効性を求めてしまうんでしょうね・・・。

 

f:id:y-kusunk:20170710102615j:plain

・・・・一日7秒は惹かれます。