くすのき書道教室ー兵庫県川西市ー

墨の香りx木の香り/ひとりひとりを丁寧に、少人数の書道教室

書は心にふたをしているうずうずを表現するアートであるのか

f:id:y-kusunk:20170518152829j:plain

先日高校時代の部活の集まりがありました。

 

いろんな人生経験をしたうえで、今はアートな生き方をされている顧問の先生が私にこう言いました。

 

「今まで自分でふたをしてきたのを、ようやく少しずらし始めて、中にあったうずうずが出てきた・・・それが書だったんだよな~。そんなふうにブログのタイトルだけみてるんだけど。」

 

「いや、タイトルだけじゃなくて中身も読んでよ!タイトルまで来てるなら。」っと突っ込んでしまいましたが、

 

『先生、いいこと言う!なるほど!私の場合書がそのうずうずだったわけだ・・・』と大変共感しました。まあ後輩の女性と早く話をしたくてたまらなかったので、ほどほどにそんな酔っぱらいの話を切り上げて席を移動したのですが。

 

何か突き動かされるもの(うずうず)を筆と墨で紙に表現をする書は、アートと呼ぶのにふさわしいし、筆を持っていない時間でもそのうずうずが刺激を受けて生きているので日常そのものがアートになるんだろうなと。


f:id:y-kusunk:20170704110953j:image

 

そんなことをつらつら思いつつ、昨日夕食の時にこんな話を子供たちに伝えました。

 

私「君たちが『お父さんなにをしている人?』と友達に聞かれたときにどうこたえているか知らないが、これからそういう質問を受けた時は、

 

父はアーティストです。

 

そう答えるように。」

 

妙な沈黙が7秒くらいあってからこんな答えが返ってきました。

 

子1「・・・アーティストっていうけど・・・ただの会社員だよね?」

 

私「まあそうだけど。でも、ただの、は余分だと思うが。」

 

子1「じゃあそれってただの自称アーティストやん

 

私「いや、だから、ただの、は余分だ。しかも自称アーティストって、逮捕されたときにニュースで言われる『住所不定、自称アーティスト 〇〇 42歳』みたいで、ちょっと嫌だな。」

 

子2「父ちゃん、先生に感化されているだけやん。ところで父ちゃんの書道教室は収入と支出どっちが多いの?」

 

私「それはまあ、なんだ、支出だけど・・・。ごにょごにょ。」

 

子2「アーティストとか言っている場合なの??」

 

私「う、うん・・・まあ、これから・・・」

 

まだ子供たちは幼い。人生がアートであり、心の中にふたをして生きていくという矛盾は理解できないだろう。いや、今、学校や友達とのかかわりの中で生きていくために、常識という『ふた』をしようとしている時期なのかも。

 

その『ふた』は社会に適合するには必要かもしれない、でも、なるべく早く『ふた』の下にはうずうずした自分なりのアートな源が存在すると気づけるといいんだよ。


f:id:y-kusunk:20170704111653j:image

 そんなことを思いながら、賞味期限が近付いているイチゴチョコクロワッサンを2個たべて、床にごろんと転がりました。

 

『ああ、この自堕落で腹に栄養分を無駄に与えるこの瞬間も、私の書というアートにつながっていくんだろうな・・・』

 

と思った瞬間に、はっと思いつきました。

 

アーティストなんだから(自称でも)、アーティストらしい活動したいな!うずうずを表現する書のワークショップとか、書道ライブとか。夏だしやるか!

 

あ、でも人前に出るならもう少し体を絞ってしゅっとしてからのほうがアーティストっぽいかな・・・。

 

自堕落自主練