くすのき書道教室ー兵庫県川西市ー

墨の香りx木の香り/ひとりひとりを丁寧に、少人数の書道教室

書道の個人レッスンに行ってきました

こんにちは!いよいよ温かくなってきました。我が家のやどかり(かりお氏

)も土の中から出てきて元気に動き出しています。

先日書道の個人レッスンに行ってきました~。

 

 

 

仁徳天皇陵を横目に走る

 

突然ですが私は古墳ファンです。小学生の頃近所の裏山に古墳がごろごろ野ざらしで放置されていました。そこを探検するのにワクワクしていたのが古墳ファンになるきっかけだったと思います。今でも古墳があるとふらっと立ち寄る習性があります。

 

古墳の王様といえば堺にあります大仙古墳。仁徳天皇陵ですね。大人になってかの有名な仁徳陵をみにいったのですが・・・でかすぎてそこに山があるだけ。何も見えないのでとても残念だった記憶があります。教科書などで見る写真は空から撮っているんですよね。そりゃ目の前でみてもあの形には見えません。こじんまりとしてのぼったりさわったりできる古墳の方がいいなあと思っています。

 

f:id:y-kusunk:20170419091009j:plain

 

そんな大仙古墳の横を車で走り初めて書道の個人レッスンに行ってまいりました。小学校3年生S君。字を書くことに目覚めて家で新聞紙に絵具で描いている男の子。書道道具一式かついでお宅訪問しました。

 

墨を磨るってたのしい

 

継続のお稽古ではないので1時間で何か作品を作ろうということで始めました。まずは墨を磨ります。1分間で磨れるという鈴鹿墨を使用します。「色が変わる~」と言いながら面白そうに磨っていました。ちなみに黒くなるのは墨が硯でけずられるからで、硯からは何もでません。大根おろしを作るとき、大根をおろし金でおろしますよね。墨=大根、硯=おろし金だと思ってくださいね。

f:id:y-kusunk:20170403120332j:plain

次に筆の持ち方の練習。筆の持ち方をマスターする秘密道具で練習したあと、筆を持ってみました。柔らかくきれいな持ち方が出来ています。

 

一番難しい「一」に挑戦~

 

小学校では3年生から書道の授業が始まり、すでに1度授業があったようです。「一っていうのは最後に3秒くらい抑えてかくねんで~知ってるで~。」とニコニコ話をしてくれるS君。それならばと一緒に手を持って一を書いてみました。最初は筆を立てることが難しかったようですが、すぐに筆を立てて線を引くことができました。呑み込みが早いですね~。

 

書家にとって一番難しい字は一という字だ。と聞いたことがあります。単純な線だからこそ実力や個性が見えてしまうんですね!

 

小筆で絵を描くのも書道の稽古です

 

次は小筆で絵を描いてみました。おうちにあってパパが選んだ小さい獅子舞を小筆で描いてみます。普段から絵を描いているというS君、難しい獅子舞なのに自分なりによく見て描いていきます。モノを見て写すというのは書道でも同じで手本をしっかり見れる力につながるんですね~。上手に書けた獅子舞なので朱墨を磨ってサインを入れて完成!

 

今の季節だから桜に挑戦!

 

ご自宅に図鑑がたくさん並んでいました。花、木、魚・・・その中から何か好きな言葉を書こうと選んだのが、「ピンクの花!!」そうです。桜です。

 

kusushodo.hatenablog.com

 

「ひらがなで書く?」と聞くと「漢字で!」とS君がいうので、お手本を1枚書きました。(意外と半紙に1文字桜というのが難しかった・・・)それを見ながら堂々と「桜」を書きました。うん、なかなか力強くてかっこいいぞ!もう1枚はうまく収めることを思ったのか、やさしげな「桜」が出来上がりました。

 

S君はそのあと自分で漢字を半紙にいろいろと書き始めました。漢字が好きなんですね。そして漢字が書ける!というのが自信につながるのかな?冬、夏(夏って筆で書くと難しいのにさらっと書きあげていました)など書いたあと・・・

 

S君の感性豊かな、何気ない一言

 

 

「星ってきれい」とポツリ。

その詩人のような言葉に私は激しく揺さぶられました。

「星を書こう!」

f:id:y-kusunk:20170419091542j:plain

 

一画一画丁寧に(この丁寧に書くというのが一番難しいのにS君はそれが出来るのがすごい)筆を進めていきました。特に最後の一画は本当に見事でした。トンと筆を突いて、ぐーっと墨が紙に食い込んでいくように、それでも硬くならず自然に腕を動かして止めて、筆をすっと持ち上げました。

 

「この星はいいよ!特に最後の一画は本当にうまい!」

と私もちょっと興奮。S君がイメージしていたきれいな星、そのイメージが書になったかな?最後に小筆で名前を書いて、朱墨のサインを印のかわりにいれて完成!

 

最後のサプライズ?

 

こんな感じで1時間くらいの個人稽古が終わりました。感受性の豊かな心のやさしいS君、私が帰るときに少し涙が・・・。かわいいですね♪

また機会があったら筆あそびしましょうね~!!

 

追記

 

後日S君からお手紙をいただきました。一生懸命書いてくれたのがみえました。「ありがとうございます」が何度も詰まっていました。うれしかったなあ~。それにしても、か、かわいすぎる・・・。

 

 

  

書道教室の営業活動は人生初体験です

こんにちは。

青空と桜、素敵です。

 

f:id:y-kusunk:20170413102822j:image

ゼロから始まります

 「書道やってらっしゃるんでしょ?師範?すごいじゃない、うちの子ちょっと書道やらせたいんだけど・・・」

 

そんなママ同士のトークから自宅で教え始めて・・・書道教室を始められる方もあるみたいです。が、私の場合は誰に頼まれたわけでもなく、はじまりの杜を見て『あ、教室やろう』と思ったわけです。全くゼロからのスタートです。

 

だから営業活動がそれなりに必要になってきます。営業というとなんとなく書道教室にそぐわない気もしますね。告知?宣伝?いずれにせよ「こんな教室ありますよ」ということを知っていただかないといけません。

 

自慢はちょっとねえ・・・

そういうわけでこのブログやインスタグラムを始めています。例えば「椅子」を宣伝しようと思ったら、その「椅子」のいいところをどしどし宣伝すればいいのでしょう。(そんな簡単じゃないかもしれませんが)書道教室は商品=「先生の質」。だからといって『先生たるわたくしはこんなにすごいんです、どうだ!』みたいな自慢にならないようにしたいと思うと(そもそも「こんなにすごいんだぞ!」ってこと何もない)自己発信って本当に難しいですね。でも知ってもらうためにはある程度は書かないと・・・と迷いながら書いた記事がこれです。

 

kusushodo.hatenablog.com

 

ネットってすごいですね

ありがたいことに、はじまりの杜を運営されています坂井建築事務所さんがFacebookに教室の開講をあげていただくなど、すごく協力いただいています。そのフェイスブックを通じて体験の申し込みもいただいています。SNSの威力ってすごいですね。

 

このブログもちょくちょく見てくださる方がいるのでしょうか。センスがある面白い記事は書けないので、何とかちょっとでも役に立つこと書かないとと思っています。でもあまり気負いすぎると書けなくなってフェイドアウトしてしまいそうなので無理しないようしたいと思います。

 

kinosumai.jp

f:id:y-kusunk:20170321105742j:plain

www.saka1.com

 

ポスターを作ってみました 

「下駄箱に見えるように、書道教室始まること宣伝しましょう!」

 

坂井建築事務所のお母さまに言って頂いたので、どんなポスターをつくったらいいかなと思案しておりました。

 

和服で白髪のしかめっ面した大家のセンセーが奥の間にでんと座って丸つけしている…みたいな昭和っぽい書道のイメージではなく、おしゃれでカジュアルで、少しだけ粋な教室!そんな新時代の、ポスト・平成みたいなポスターにしないとな…。

 

時間かかりましたが、ようやく出来ました!

 

f:id:y-kusunk:20170413170607j:image

 

おしゃれでカジュアルで粋な・・・という意気込みを微塵も感じさせないこのクオリティ!ザ・昭和な香りがする広告になりました。

 

サイズもおおきくしようかと思ったのですが、大きくしすぎて下駄箱をふさいでしまったら意味がないなと思い、控えめにA4サイズのコピー用紙に書きました。

 

下駄箱に貼ってもらうので風雨にさらされます。ということはラミネート加工でもしたほうがいいのかなと思いまして、ビジネスコンビニへ行ってきました。

 

ビジネスコンビニでラミネートをすると・・・

入ってみてよくわからなかったのできょろきょろしていますと、店員さんが「コピーのご利用ですか?」と聞いてこられました。「ラミネートをお願いしたいのですが・・・」とおずおずと答えると、「じゃあ電源入れてきますね」と中へ消えていかれました。『ん、自分でするんじゃなくて中でやってくれるんだ』と分かり原稿を渡しました。『うわ、だっさ、このポスター。ザ・昭和やん』って店員さんに思われただろうな。

 

「紙質によってはしわが出ることがありますのでご了承ください。」と言い残して、店員さんはラミネートを始めました。磨った墨で半紙に書くと紙は収縮しちゃうんです。A4コピー用紙ならまだましなのですがそれでもちょっと紙は収縮してしまっています。一瞬あ、しわになるかもしれないなと思いました。

 

さて出来上がったようで店員さんがこちらにやってきました。

 

「おきゃくさま、大変申し訳ございません。しわがこんな風によってしまいまして・・・。」

 


f:id:y-kusunk:20170413170135j:image

と申し訳なさそうな店員さん。

 

「あ、いいですよ、そんなの。大丈夫で・・・」

というや否や

 

「今回はお代金はいりませんので本当に申し訳ございません。」

「え、いやいや、いいですよ、払いま・・・」

「本当に申し訳ございませんっ」 

 

ともうこの議論は終わりとばかりに店員さんが話を打ち切ろうとされたので、「ありがとうございます、なんか申し訳ないです」などとごにょごにょいいながらお店を出てきました。

 

「しわになることがありますので」と最初に言っていたし無料にしなくてもいいのになあ~、もう少し「払います」って粘ればよかったかな??ラッキー儲かった!とはなかなか割り切れないですね。。。でも・・・無料にしてくれてありがとう!!!

 

「30分でみるみる上手に!」って??

こんな感じで徐々にネットやポスターなどで宣伝をしていっています。一歩一歩。「30分でみるみる上手になる!」といううたい文句のほうが世の中のニーズには合っていると思いますが、私にはあんまり向いていないかな。

 

書道は時間をかけてゆっくり一歩一歩進んでいくもの。書が一生の友になる、字を書くのが好きになった。好きになって字を書き続けていたらなんか上手になって来た。教室に来ていただいた方がそうなってくれるといいなあと思っています。

 

お子さんでもいろんな理由でお稽古をやめることはあるでしょう。部活、勉強、恋愛・・・。でもまたいつか思い出して筆を握ってみようって思ってもらえたらそれでよし。今この瞬間に大事だと思うことを優先するのがいいと思いますしね。

 

なるべく飾らず(たまには飾ってしまうけど)、素直に(たまには本音じゃないこと書いちゃうかもしれないけど)教室を知っていただければなあと思います。またこれからもこのブログを読んでもらえたらうれしいです。(これは本音!)

自分の書きたいことばを書いてみよう

こんにちは。

桜も見頃ですね。雨が降らずにもう少し楽しめたらいいなと思います。観光地に桜を見物に行くよりも、地元に咲いている桜を歩いてみて回りたい気分です。

 

f:id:y-kusunk:20170410133318j:image

 

きれいな字を書くだけが書道ではない

書道というと正座してお手本を横にしてきれいな字を書く。というイメージでしょうか。もちろんそれは一つの形としては正しいし、私もそういう「静の時間」が好きです。以前の記事でもそういう「静の時間」をおすすめしました。

 

kusushodo.hatenablog.com

 

でもそれだけではなく、自分の気持ちや感動を言葉にして書いてみる、というのも書道のたのしみです。

 

例えば桜をみてきれいだと思ったその気持ちを書にすることも出来ます。「桜」と紙に筆で墨をつけてかく、それだけで「書」が出来上がります。

 

f:id:y-kusunk:20170410133320j:image

 

どんな桜をかくのか?

「桜」というたった一つの言葉を書にするのにもいろんなアプローチがあります。

 

・漢字でかくのか、ひらがなでかくのか、カタカナで書くのか

・どんな紙をつかうのか?普通の半紙、和紙、洋紙・・・にじむ、にじまない

・ 大きさは?はがきサイズ、半紙さいず、もっと大きなサイズ・・・

・筆は何をつかうのか?ちいさい筆、おおきな筆・・・

・墨はどんな色にするのか?茶系、紫系、水でうすめて淡い色に・・・

・書体は?かっちり書くのか、くずして書くのか、楷書、草書・・・


f:id:y-kusunk:20170411084309j:image

 

何を選ぶのかは書く人の自由。自分の気持ちや感動をより素直に表現できる方法を自分で選び書いていくのが楽しみのひとつです。

 

西行の桜と自分だけの桜

例えば10人で好きに「桜」という言葉を書にしたら、同じものは一つも出来上がらないでしょう。一人一人の個性がばっちり出ると思います。でっかい桜、ひょろひょろの桜、激しい桜・・・桜という字の構成される線によって書く人の感情があらわれ、見る人もその感情を推し量り、そこに書を介した交流が始まります。「桜」というありふれたことばをかくことによってでも、その瞬間を書に閉じ込めることが出来るのです。

 
f:id:y-kusunk:20170411084414j:image

 

平安時代歌人西行は桜を愛し、桜にまつわる和歌を多数残しています。西行が「桜」の和歌をたくさん書き残したように、わたしたちが「桜」の書をたくさん書き残すということをしてもおもしろいでしょうね。

 

 

自分のことばを書くたのしみ

桜を例に話をしました。桜に限らずどんな言葉でも自分の感情をこめた表現ができるのが書道のたのしみのひとつです。お手本を横にして字がきれいにかけるように練習するのもいいですが、たまにはちょっと冒険をして自分の書きたいことばを書にしてみるというのも楽しいと思います。

 
f:id:y-kusunk:20170410154110j:image

 

この春見逃せない!「書」のある美術館企画展ベスト3(関西)

こんにちは!

ようやく温かくなりましたね。

私の会社で植えている桜も開花しはじめました。

 

美術館に行こう!

美術館では春の新しい企画展が始まっています。関西の書のある美術館の企画展ベスト3を紹介します。ベスト3といっても私が行きたいと思っているベスト3なので優劣ではありません。「書道なんて見てもわかんない!」という方にも簡単な鑑賞法をお伝えしますよ。春のお出かけの一つに美術館もいかがでしょうか!?

 

第3位 浄土真宗本願寺の名宝Ⅱ ー守り伝える美とおしえー

龍谷大学 龍谷ミュージアム

 

仏教関係の至宝が多数展示されているようです。国宝・三十六人家集の展示もあります。私はその国宝のことを詳しく知らないので何も書けません!が、仮名の名品であることは間違いないでしょうから、その鮮やかな料紙とともに要チェックです。

 

第2位 没後40年 熊谷守一 お前百までわしゃいつまでも

www.kosetsu-museum.or.jp

私は書家の書もすごいなと思うのですが、専門家ではない人の書にも惹かれます。熊谷守一もその一人。画家です。目の前にある自然を愛し、技巧も排除した絵もさることながら、私は熊谷守一のモノの見方、生き方に惹かれます。カネもいらず名誉もいらず(文化勲章を辞退したそうです)、そんな人柄が書にも現れていると思います。

 

 

第1位 THE書 ~数寄者が集めた古筆お見せします~

www.hankyu-bunka.or.jp

そのままやん!というタイトルにも惹かれます。阪急グループの創始者・小林一三が収集したコレクションですね。逸翁は茶をよくしたので茶掛としての書を収集したのだと思います。継色紙、石山切といった仮名の名品も出ているようなので楽しみです。逸翁美術館は展示数も多くないのでじっくりみても疲れません。

 

鑑賞のコツ

さて美術館に行っても書の何をみたらいいのか分からない・・・ってなると思います。最初から解説を照らし合わせながらなんて書いてあるのか読むのはけっこう疲れてしまいます。結局最後の方は流して帰ってしまったってことにもなりかねません。

 

f:id:y-kusunk:20170405133657j:plain

 

オススメは「一番好きだと思うものを一つだけ見つけること」です。それには「この中から一つ持って帰るなら何を持ってかえって家に飾るか?」という問いをしてみるのはどうでしょう。比較してみると意外とその一点が見つかります。その一つをじっくりと眺めて、なんて書いてあるのかじっくり読み込むのがいいと思います。

 

出来るだけ作者や作品名を見ないほうがいいかもしれません。有名な人が書いたもの=いいもの、と思い込んでしまわないように、あくまでも自分の感性に頼って好きな作品を探してみることをおススメします。

 

逆に自分が素通りしてしまったものはもうそれでいいと思います。興味をひかなかったならばそれでよし。まずピンとくるものがあるかどうか一周して眺めてみることです。

 

なければ無理やり思い込みましょう!これいいやん!って。私はいいなと思ったものはミュージアムショップでポストカードになっているか探します。あれば買うときもあれば、納得だけして帰ることも。

 

春の美術館で自分のお気に入りの一つが見つかればいいですね!私も早く美術館に行って自分のお気に入りを見つけてきたいと思います。

 

 

 

 

 

墨のすり方

こんにちは。

川西市のくすのき書道教室です。

今日は墨の磨り方のお話です。

 

なぜ墨を磨るの?

墨汁でいいんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし磨った墨のほうが立体感のある(奥行きのある)出来になります。比較して横に並べてみると一目瞭然。やはり墨を磨って書いたものの方が「カッコよく」みえます。

磨るという準備もまた楽しいものですよ。手間暇かける楽しみというのもまた一興かと。

 

ゆるく磨りすぎるのは逆効果!しっかりと墨と硯を接地させよう

水を硯の丘(磨るところ)の部分に垂らします。ドバドバいれないように。

 

f:id:y-kusunk:20170403122925j:plain

墨を硯に垂直にするのと、傾けて磨る方法とあります。斜めに磨った方が硯と墨の接地面積が広くなるので斜めにする方が早く墨が磨れると思います。私は見た目墨が斜めになってしまうのがあんまり好きではないので垂直に立てて磨るようにしています。

 

丸く円を書くように磨る

前後に磨る

 

いずれでもよいと思います。私は丸く磨る方が好みです。前後に墨を動かすと出来上がっていない墨液が海に落ちてしまう可能性があるからです。

 

墨を磨るのは病人か子供がいいと言われるくらいゆっくりやさしく磨ることがいいようです。その方が墨の粒子が細かく磨れるようです。しかし矛盾していますが本当に弱く墨を回していると全く濃く磨れません。なので私は硯と墨がしっかりと接地していることを手に感じられるような強さで磨るようにしています。

 

墨液が出来上がる目安

f:id:y-kusunk:20170403121351j:image

磨りはじめてしばらくすると油がにじんだように色が変わってきます。これがひとつの目安です。このような色になるまで磨ると海へ落とします。

 

あとはひたすら繰り返す

 

これを何度も繰り返します。水は少な目にいれるようにします。早く磨りたいと思うと水をたくさんいれ勝ちですが、我慢して少な目に。

 

磨れたら海へ。

 

私は20分~30分くらい磨って墨液が海にたまったらよしとします。ちなみに私はおおきな硯と大きな墨を使っているのでこれくらいの時間で30分程度はゆっくりかけるくらいの墨液が作れます。小さい硯と小さな墨だとここまで時間をかけなくても墨液は出来ますが、長時間書けるほどの量は作れません。書道を始めてしばらくたって墨を磨るのに慣れてきたら、大きな硯と墨を買うのも一つかと思います。

 

ネバネバに水を足して作ることも

少ない水で本当にネバネバになるまで磨って水を筆で混ぜ合わせて書く場合があります。この方が墨の粒子が最も細かくていい墨液が出来上がるようです。ただたくさん墨液が作れないのでたくさん書く場合は不向きかと思いますが、私はネバネバにして水で薄めて作るほうが好きです。この場合しっかりと水とネバネバを混ぜるのが大切です。

 

この磨り方はNG!

海に水をたくさんためてそこから丘へ墨で戻しあげて磨るという人もいますが、私はそれでうまく磨れた試しがありません。濃い墨が出来上がらないので私はこの磨り方をおすすめしません。

 

墨を磨って書道を始めてみませんか?

f:id:y-kusunk:20170403112750j:plain

 

月並みな言葉ですが…墨を磨ると心落ち着きます。墨の香りもいいですし、集中して墨をすると日常を少し忘れることもできます。そして墨を磨り終えてさあかきはじめようという瞬間は本当にウキウキします。

 

さあ、墨を磨って書道を始めてみませんか~??

 

 

 

 

 

書道の楽しみって何だろう?

 

今日は少し温かくなりましたね。

ようやく春を少し感じることが出来ました。春は新しいことを始める季節。

書道もおすすめですよ~!

 

f:id:y-kusunk:20170330112637j:plain

 

ひとりになりたい ひとりはさびしい

相田みつを氏は書きました。本当にその通り。人とわいわい遊んだり、家族と一緒に過ごす時間も大切ですけど、やっぱり人は一人の時間がないと息が詰まります。

 

子育て中のママは四六時中子どもと一緒にいますよね。いくら子どもがかわいくて大好きでもずーーーっとは疲れると思います。自分一人の時間がないとパンクしちゃいますよね。自分一人の時間を持って一旦リセットすることで、またお子さんとの時間を大事にできるのではないかと思います。

 

f:id:y-kusunk:20170330113416j:plain

 

わたしは年をとったせいか、実はそもそもの性質だったのか、今は一人でいることが好きです。10代20代なんてのは友達と遊ぶのが大好きだったのが、40超えるとこうも変わるのかと思うくらいインの生活が好きになりました。

 

f:id:y-kusunk:20170330113126j:plain

 

そんな一人時間を充実させてくれるのが書道です。春のあたたかい日差しが入る部屋で、ゆっくり墨をすって、好きな字を書く。ちょっと疲れたらコーヒーでもいれて一息ついて、今度はまた違う字を書いてみる。墨がなくなったら硯を洗ってまた磨って。そうやって1時間、2時間と過ごすことが出来るのが至福の時。

 

f:id:y-kusunk:20170324102901j:plain

 

そんな「静の時間」を過ごしたら、また少し人と会いたくなったりします。運動したくなったりします。「動の時間」を過ごしたら、また「静の時間」。この静と動の切り替えが生活のメリハリになってまた進んでいけるのかなと思っています。ずっと「動」ではしんどいし、ずっと「静」ではさみしい。やっぱりバランスでしょうね。

 

f:id:y-kusunk:20170324101752j:plain

 

わたしにとっての書道の魅力は「一人の時間を楽しめる」ことだと思っています。本を読んだり、うたたねしたり、DVDを借りてみたりというのも楽しい一人時間です。でも自分自身でオリジナルのなにかを生み出すって快感です。うまくなくても、芸術センスがなくても大丈夫。自分の書いたものって自分の分身ですからかわいいもんですよ。そして大切なのは書いたものより、その書いた時間とそのときの感情なのかなと思います。

 

f:id:y-kusunk:20170323114032j:plain

 

机ひとつと筆墨硯紙があればすぐにでも始められます。ひとり時間の楽しみの一つに書道を加えてみませんかー?子育てや仕事などの「動の時間」をパワフルに活動するためにも、「静の時間」を書道で味わい・・・そのバランスが豊かな日々につながっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

体験チラシを作りました

こんにちは。

川西市のくすのき書道教室【只今準備中】です。

まだまだ寒さが続いていますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。 

 

道教室の体験チラシを作りました。

教室をお借りする「はじまりの杜」に置かせてもらう用にと作りました。

連絡先も私のケータイのみ記載をしてシンプルに。

(最初はブログやインスタやメアドなどなど書いていてごちゃごちゃだったので)

問い合わせってやっぱり電話の人が多いんでしょうかね~?

もちろんこのブログのメッセージややインスタのDMからもオッケーですよ。

 

f:id:y-kusunk:20170327111536j:image

手書き部分はもちろん毛筆で書いています。最初かっちりとした楷書で書いていたのですが、デザインっぽいほうがいいのかと。いかがでしょうか?

  

早速翌日はじまりの杜へおいてもらうべく持っていきました。

お米をモチーフに活動されている川西市出身のアーティスト、安部寿紗さんの個展「遍照」が開催中でした。

 
f:id:y-kusunk:20170327113305j:image
 



f:id:y-kusunk:20170327113637j:image

お米って日本人の食はもちろんのこと精神性にも大きな影響を与えてきていますよね。どこかで書とつながるような気もするなあ・・・と思い鑑賞していました。

 

その後はじまりの杜の向かいにある古民家再生住宅を見学させてもらいました。木のある暮らしってやっぱり落ち着きます。いいですね、あこがれます。

 

木の空間「はじまりの杜」で落ち着いて書道をする・・・そんな風景がますます楽しみになってきました!